蓼科)ルリミノウシゴロシ色変わり

木の実シリーズです。

白い実に青い点が入ったものがあったのでよく見たら、ルリミノウシゴロシ(別名:ヤブフタギ、ニシゴリ)の実でした。これは6月頃白い花が咲き、緑色の実がなり、秋には瑠璃色になるのですが、その途中で白い色になって、青い点ができて、その後瑠璃色になるようです。その途中段階ですね。自然は面白い変化をするものです。(麦草平08.09.13)
画像
画像


ツリバナです。長い柄の先につり下がっている実が面白いです。丸い実がその後弾けます。(麦草平08.09.13)
画像
画像


左:エゾノコリンゴです。小さな実ですが拡大するとリンゴに見えますね。(麦草平08.09.13)
右:クリです。栗の木は沢山ありますが、栗の実は枝の先になっていて、下からは気をつけて見ないと見つからないことが多いです。そのうち落ちてきますが。(同上)
画像
画像


ミズナラの実です。これも枝の先になっていますが、気をつけてみると見つかります。(麦草平08.09.15)
画像
画像


左:タラノキの実(麦草平08.09.15)
右:イボタヒョウタンボク(麦草平08.09.13)
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

閑居士
2008年09月18日 12:00
浜人さん、こんにちは。いつも楽しい情報をありがとうございます。写真入りの木の実、草花、野鳥の紹介は、図鑑よりよっぽど便利です。私は今夏から常駐組の一年生で、まずは手始めにと2階のベランダの餌台にひまわりの種とアサの実を置きましたところ、さっそくやまがらとしじゅうから、ごじゅうから(と思うのですが)がやってきてくれています。でも、木の実が豊富なこの季節から給餌をするのは、野生の習性を阻害することになるのかと若干不安です。如何でしょうか?

この記事へのトラックバック