蓼科)温泉・日帰り温泉

蓼科暮らしには不可欠な温泉につきまとめておきます。
日帰り温泉もあります。
分類は地域別、方面別にしました。

 蓼科周辺温泉・日帰り温泉リンク


1.ビーナスライン方面:
 つつじとかえで
 三室温泉天望館(三室)
 エクシブ蓼科
 蓼科グランドホテル滝の湯
 蓼科温泉ホテル親湯
 蓼科温泉プール平共同浴場
 小斉の湯
 ホテルハイジ
リゾートホテル蓼科 http://resort-hotel-tateshina.jp/bath/
 テラス蓼科
 蓼科東急リゾート鹿山の湯
 湯川温泉河童の湯
 米沢温泉塩壺の湯

2.女神湖方面:
 蓼科牧場温泉

3.大門街道方面:
 白樺リゾート池の平ホテル
 白樺湖温泉すずらんの湯
 音無の湯

4.メルヘン街道方面:
  奥蓼科温泉保科館(閉館中)
 蓼科ブライトンホテル内湯蓼ゆ(長期休業中)
 横谷温泉旅館
 蓼科パークホテル夕映えの湯 
 たてしな藍
 石遊(いしやす)の湯

5.湯道街道方面:
 奥蓼科温泉渋御殿湯
 奥蓼科温泉郷渋・辰野温泉
 明治温泉

5-1.南大塩ー唐沢温泉方面:
 尖石温泉縄文の湯
 八ヶ岳縄文天然温泉 尖り石の湯(蓼科志楽の湯 三井の森 露天風呂)
  http://www.hikyou.jp/detail.php?shid=30262
  http://www.shiraku.jp/topic/tateshina_roten.html

6.甲州街道方面:
 金沢温泉金鶏の湯 

7.茅野方面:
 アクアランド茅野(プール有)
 河原温泉河原の湯 玉宮温泉望岳の湯
 茅野リンク

8.富士見・原村方面:
 原村八ヶ岳温泉ふれあいセンターもみの湯
八峰苑鹿の湯 http://happoen.com/?page_id=326
 富士見・原村リンク

9.小淵沢方面:
 スパティオ小淵沢延命の湯
 道の駅信州蔦木宿つたの湯
 小淵沢周辺リンク
 甲斐大泉温泉パノラマの湯(甲斐大泉駅前、露天風呂からのテニスコート越えの見晴らし) 
 http://panoramanoyu.sakura.ne.jp/
 
10.上諏訪・諏訪方面:
 すわっこランド(プール有)
 上諏訪片倉館天然温泉千人風呂
 諏訪リンク
 諏訪立ち寄り温泉リンク

11.岡谷・下諏訪方面:
 ロマネット(岡谷健康福祉施設、プール有)
 岡谷・下諏訪リンク
 岡谷・諏訪・下諏訪立ち寄り温泉リンク

12.松原湖方面:
 八峰の湯(ヤッホーの湯) http://www.yahho-onsen.jp/
 星空の湯りえっくす http://www.reex.co.jp/KOUMI/HOTEL/facility.html
http://travel.biglobe.ne.jp/onsen/spot/20013357.html 
 稲子湯 http://www.tim.hi-ho.ne.jp/uukako/inago.htm

13.信州:
 信州日帰り温泉紀行リンク
 おぶせ温泉 あけびの湯(小布施、露店風呂から北信五岳一望) 
 http://www.akebinoyu.com/gensen.html

14.源泉かけ流し温泉(それぞれの温泉施設のHPに源泉かけ流しと記載されているもの):
 つつじとかえで(源泉高温のため加熱なし、加水) 天望館(源泉61度、加水せずに源泉と外気で湯温調節) 小斉の湯(温度調節のため加水) ホテルハイジ(源泉かけ流し) テラス蓼科(露天風呂は源泉かけ流し) 音無の湯(地下1000mから湧き上がる天然温泉源泉から50mで掛け流し温泉) 明治温泉(自家源泉かけながしの冷泉打たせ湯25度) もみの湯(泉温54.9度、八ヶ岳温泉の源泉かけ流しの露天風呂) スパティオ小淵沢(1500mの地底から汲み上げ58.5度、143リットル/分の高濃度ミネラル温泉、加熱・加水・濾過循環) 

源泉かけ流しの温泉とは) 蓼科には温泉が沢山あって、その種類も様々です。「源泉かけ流し」温泉と良く言われますが、「天然温泉かけ流し」ということだそうです。自然湧出、あるいは掘削によって源泉から直接お湯を注いでいる温泉で「源泉」とは温泉の湧出路のことです。「温度調整を目的としての「加水」(源泉温度の高い場合)、「加温」(源泉温度の低い場合)をすることもあります。掛け流しとはお湯を循環濾過等で再利用せずに、流しっぱなしで利用することだそうです。結局、源泉からのお湯を(湯温調節して)お風呂に入れ、それを循環等の再利用はしないで流してしまう温泉のことですね。蓼科ではどこの温泉がこれに該当するのでしょうか。源泉かけ流しの好きな人は多いようです。

茅野市の温泉一覧)次の表は茅野市の温泉のリストです。茅野市にはとても沢山の温泉施設があり、源泉もまた数多くあります。 http://www.za.ztv.ne.jp/alf/spa17chino.html 源泉の湯温は20度台の池の平温泉、河原湯温泉、塩壺温泉等あり、高温では蓼科温泉64.0度、三室源泉62.6度等、また低温では10度に満たない唐沢鉱泉、夏沢鉱泉等あります。湧出湯量も様々です。タンクローリー車による温泉宅配もあり、芹ケ沢温泉の湯が運ばれているようです。
ビーナスライン沿いの多くの温泉施設は三室源泉を湯元としており、高温・豊富な湯量で源泉かけ流しとしているところが多いようです。次に三室源泉の説明があります。 http://www.chinocci.or.jp/project/docs/2011_tateshinamimuro.pdf

15.温泉巡り:

白樺湖・大門街道:(上の3参照)

白樺湖温泉すずらんの湯)白樺湖の南岸にあり、大きな湯船から白樺湖が見渡せます。露天風呂は屋内にありますが、白樺湖側の窓が全開して露天になります。天候が悪ければ窓が閉じますので心配はありません。露天は肌がすべすべすると評判です。白樺湖の景色を楽しむには絶好です。茅野市の温泉回数券も使えます。

音無の湯) 大門街道沿いの温泉、音無の湯に行きました。車山の帰り道でいつも一度よってみたいと思っていましたが機会がありませんでした。
豆腐が美味しいとの評判でしたから、お昼は掬い豆腐定食にしました。さすがに美味しいお豆腐でした。豆腐の味を生かす為にお塩だけでいただきます。
さて温泉は1000mの地下から湧き上がるもので、今回再掘削により湯量も豊富で源泉かけ流しとのことです。露天風呂が森の良い雰囲気で屋根もあり、気持ちが良いです。樽風呂が2つあり、一人でのんびり出来ます。渓流がすぐ脇を流れていて、渓流を望む涼み所があり、癒されます。お休みは火曜日、料金は700円です。

茅野市温泉施設:(上の7参照)

茅野市は6つの温泉施設を有します。それらはアクアランド茅野(上原温泉)、河原の湯(河原温泉)、金鶏の湯(金沢温泉)、縄文の湯(尖り石温泉)、望岳の湯(玉宮温泉)、塩壺の湯(米沢温泉)です。これらには11枚つづりの回数券があり、6温泉施設で共通に使え、また白樺湖温泉すずらんの湯、湯川温泉河童の湯でも使えます。

茅野市温泉施設65歳以上利用者証) 茅野市温泉施設は縄文の湯を初めとして6施設あります。市・県民税(家屋敷課税)を納付している65歳以上の方とその同居家族で65歳以上の方には、茅野市への申し出により福祉バス「ビーナちゃん」の利用者証が発行されます。この利用者証を、6温泉施設利用の際に提示すると利用料金は通常一人400円の所、300円になります。温泉施設は市内在住の65歳以上の人は300円になるのですが、山荘の住人は市内在住で65歳以上との証明がしにくいのですが、この利用者証でその証明となります。
家屋敷課税とは地方税法によるもので、市内に事務所又は家屋敷を有する個人に市・県民税の均等割りを課税することです。均等割りの市・県民税を払っている人は家屋敷課税による納付者となります。市・県の仕事である保健・教育・防災・防犯・道路・公園整備等の費用を負担するものです。
家屋敷とは自己または家族居住の目的で住所地以外の場所に設けられた住宅でいつでも自由に居住できる状態である建物のことを言います。茅野市役所1階地域福祉推進課に行き、利用者証の申請手続きをすれば利用者証が発行されます。

縄文の湯) 尖り石公園近くの縄文の湯に行ったので温泉の説明文を読んでみました。源泉は40.8度の温泉で必要に応じ加温し、有効利用の意味で循環濾過を行っていると書いてありました。内湯、内湯に打たせ湯と発泡、冷泉、サウナ、露天とあって、おそばの食堂もあり、縄文の湯は楽しめるところです。

アクアランド茅野)温泉プールと温泉があります。プールで泳いで、温泉でのんびりできます。温泉は内湯のみで露天風呂はなかったように思います。縄文の湯に比べると温泉は狭いです。源泉は上原2号。

塩壺の湯)源泉は江戸時代から効用ありとされた、米沢塩壺温泉。ビーナスラインを田園の中に入ったところ。源泉使用の六角形の冷泉風呂(35度)があり、大浴場(41度程度)と交代浴ができます。霧の噴き出すミストサウナもあります。

河原の湯)泉野小学校近く。中庭に高山植物庭園があります。食事所かわらで食事ができます。浴場はあまり広くない感じでした。

望岳の湯)玉川小学校近く。田園の中で眺望がよく、大浴場に入って、大きなガラス窓から八ヶ岳や南・北アルプスが望まれます。もう少しお山に近ければもっと迫力があると思われますが。

蓼科温泉:(上の1参照)

ビーナスライン沿いに沢山の温泉があります。源泉は湯量の豊富な三室源泉を初めとして、多数あります。

石遊の湯)蓼科温泉群からは少し離れていて、メルヘン街道鉄山バス停から入ります。もともと諏訪鉄山があったところで鉄山から湯が出ていたそうです。今は鉄山は無くて、温泉だけがあります。全部露天ですが、屋根があるので雨はしのげます。山の中で手作り感があって、好みではあります。でもこればかりは好き好きですね。カラマツ林の中で、カラマツの紅葉の時期はカラマツの葉がハラハラと湯面に落ちてきます。

テラス蓼科)新しい施設で温泉も広々しています。源泉は三室源泉とのこと。

東急蓼科リゾート鹿山の湯)東急リゾートの中の大規模な温泉です。行った時は夏のピーク時でとても混んでいました。東急リゾートの中にあるのでそこへ来る人たちが入るのでしょう。

リゾートホテル蓼科)前身はアートランドホテルです。この時代に良く行きました。気持ちの良い透明な温泉がありました。ここも三室源泉の湯とのことでした。リゾートホテル蓼科になってからはまだ行ってないのですが、楽しみにしています。

蓼科グランドホテル滝の湯)滝の湯川の渓流沿いにあり、信玄野天風呂、庭園大浴場があります。丁度真冬の雪の日に行ったので、渓流と野天風呂が真っ白に雪に閉ざされ、雪を踏みながら野天風呂に入り、それは素晴らしい景観と野趣でした。

奥蓼科温泉郷:(上の5参照)

奥蓼科温泉郷はメルヘン街道(国道299号)と湯道街道に挟まれた渋川(横谷峡)沿いの温泉群です。低い方から横谷峡温泉蓼科グリーンバレー蓼科パークホテル城戸ホール内乙女滝温泉(ハーブ湯・漢方薬草風呂)、蓼科パークホテル内夕映えの湯(中央アルプス景観・夕焼け)、横谷温泉横谷温泉旅館(巨岩風呂)、明治温泉、渋川温泉保科館(閉鎖)、渋温泉渋・辰野館(信玄の薬湯は青みがかった乳白色で酸性で温泉濃度がとても高い)、渋御殿湯(渋長寿湯は源泉の上に造られ底から湯が湧く足元湧出)等あります。

明治温泉) 明治温泉へ行きました。湯道街道御射鹿池の少し上にあります。源泉は25度で、それが打たせ湯になっており、それを加熱して循環しているのが2つの温泉で、一つはフィルターをかけているので透明なお湯、これは室内で熱いお湯、もう一つはフィルターをかけないので源泉の濁り湯でぬるいお湯、大きな窓が渓谷に向かって開くので露天風呂と同じ感覚です。雨の日でも大丈夫です。若い人は熱い湯と打たせ湯に交互に入って、打たせ湯は最初は冷たいけれど慣れるととても気持ちが良かったと言っていました。目の前の渓谷は残り桜が楽しませてくれました。温泉を出て、渓谷に出るとすぐ目の前をカモシカがゆっくりと樹の葉を食べているのに遭遇しました。この渓谷は横谷渓谷に続くハイキングコースの入り口になっています。立ち寄り温泉は11:00-15:00頃、宿の忙しさで受け入れが変わってくるので、電話予約をしておいた方がよさそうです。

横谷峡城戸ホール内乙女滝温泉)もうずいぶん昔に夜、暗くなって入ったので、今ではその頃とは変わっているかもしれません。広かったように思いますが、景色とかはわかりません。

渋川温泉保科館)今は閉鎖されていますが、好きな温泉で良く行きました。内湯は白く濁り湯であまり熱くなく適温でゆっくりできました。外に露天風呂があり、向かいの山の木々が楽しめました。その先には温泉プールがありましたが、もう使ってはいませんでした。源泉は地下数百メートルの掘削泉とのことでした。何らかの方法で再開できればと思います。

小淵沢・富士見:

延命の湯) 中央高速小淵沢インターを出て八ヶ岳側の小淵沢の道の駅のスパティオ小淵沢にあります。全体が広々していて気持ちが良いです。特に露天風呂はまさに露天に広がり、広くて気持ちが良いです。(上の9参照)

鹿の湯) 富士見町のホテルハ峯苑鹿の湯へ行ってきました。富士見高原のゆりの里ちかくです。気持ちの良い露天風呂、内風呂もジャグジー、冷水、サウナとそろっています。前庭にはちょっとした遊具の有る芝生、スワンボートの有る池が有ります。見晴らしの良いレストランも有ります。午後3時頃行きましたが大人600円でした。気持ち良くのんびり楽しみました。URL: http://happoen.com/

諏訪湖方面:(上の10参照)

すわっこランド) 諏訪湖畔の茅野側にあります。温泉施設と温水プール、屋外プールがあります。小さな子どもも親とともに楽しめます。食事もできます。雨の日や寒い日も大丈夫ですね。

見晴らしの良い温泉:(上のリスト参照)
露天風呂には柵を巡らせてある温泉が多いのですが、見晴らしをさえぎる柵の無い温泉があります。
 松原湖方面:星空の湯りえっくす 露天風呂から白樺林、ゴルフ場越しに浅間山が遠望できます。星空も。
 甲斐大泉駅前:パノラマの湯 広い露天風呂でテニスコート越しに南アルプスが遠望できます。
 小布施方面:あけびの湯 温泉水の色の変わる温泉で露天風呂から北信五岳が一望できます。
 白樺湖:すずらんの湯 露天風呂、大浴場から白樺湖が一望できます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック