蓼科)赤トンボの種類の見分け方

蓼科)赤トンボの種類の見分け方

夏休みの宿題に赤トンボの種類の見分け方はどうでしょうか。
赤トンボは皆同じように見えますが、いくつかの種類が有ります。
赤トンボはトンボ科アカネ属の仲間で、一見同じに見えますがずいぶんと
種類が多いのです。見分け方を覚えると散歩の時の楽しみが増えます。

先ずは見分け易いのは羽根の色と模様ですが、4種類に分けられます。
1)羽根の先端に黒い帯がある
2)先端でなく羽根の途中に黒い帯がある(ミヤマアカネのみ)
3)羽根に帯になる模様は無い
4)羽根が黄色い(キトンボの仲間)
羽根の分類では無いのですが、
5)全身が頭から尾まで真っ赤なトンボで羽根の付け根も赤い(ショウジョウトンボのみ)
メスは赤くならない。ショウジョウトンボはショウジョウトンボ属でアカネ属ではない。

この分類による種類は
1)ノシメトンボ、コノシメトンボ、リスアカネ、マユタテアカネのメスの一部
2)ミヤマアカネ
3)ナツアカネ、アキアカネ、マイコアカネ、マユタテアカネ、ヒメアカネ、ムツアカネ
4)キトンボ、ネキトンボ、オオキトンボ

先ずは、2)と5)は1種類のみですからこれで決まりますね。

4)は羽根が黄色いので皆キトンボの名前がついています。
4-1)羽根全体が黄色いのがオオキトンボ、
4-2)羽根の根元付近が黄色いのがネキトンボ、
4-3)羽根の根元付近と前方にかけて黄色いのがキトンボです。

1)と3)は羽根の色だけでは見分けられないので、眉紋と胸の模様で見分けます。
「眉紋」とは大きな目のすぐ下の部分に眉のように左右にある黒い印のことです。
これがある種類と無い種類があります。その種類の一部にはあるというややこしいのもあります。
眉紋のあるのは次のトンボ。
ノシメトンボはメスとオスの両方、
コノシメトンボのメス、
マユタテアカネはメスとオスの両方、
マイコアカネのメスの一部、
ヒメアカネのメスの一部、
ムツアカネのメス、同オスは2つの眉紋がくっついて顔の中央部が黒くなる。

「胸の模様」とは羽根の下の胸の部分にある模様です。川の字のように3本の黒い筋があります。
この模様が種類によって色々違っているのです。

ノシメトンボのノシメは「熨斗目」の意味とのこと。
羽根の先端の黒い帯が和服の「熨斗目」模様のように見えるからとのこと。
1-1)ノシメトンボは眉紋がある。胸の模様の川の字の真ん中の線が下から上一杯まで繋がっている。
1-2)コノシメトンボのメスには眉紋がある。胸の模様は真ん中の線が下から上にゆく途中で
逆U字型に曲がり右側の線に繋がっている。
1-3)リスアカネは眉紋が無い。胸の模様は真ん中の線が途中で切れて上まで繋がっていない。
1-4)マユタテアカネは普通は羽根の先端に黒い帯は無いがメスの一部にそれがあるものがある。
眉紋がある。胸の模様は真ん中の線が細く途中までしかない。

3)は羽根に帯の無いもので、羽根が黄色くもないものです。
3-1)ナツアカネの胸の模様の真ん中の線は途中までしかなくて上に繋がっていなくて、その模様の先端が平たい。成熟すると顔、胸、胴全部が赤くなる。
3-2)アキアカネは同様ですが、その模様の先端が尖っている。成熟すると胴のみが赤くなる。
3-3)マイコアカネのメスの一部には眉紋のあるものがある。胸の模様は真ん中の線がいくつかの点状になっている。
成熟すると顔が舞妓さんの様に白くなる。
3-4)マユタテアカネは眉紋がある。メスの一部には羽根の先端に帯模様の入るものがある。
胸の模様は真ん中の線と右の線が細い。頭の後ろの斑紋が不鮮明。
3-5)ヒメアカネはメスの一分に眉紋のあるものがある。胸の模様は真ん中の線と右の線が細い。
頭の後ろの斑紋が明確。
3-6)ムツアカネのメスには眉紋がある。オスの眉紋は2つの眉がくっついて顔の中央部が黒く見える。
胸の模様は真ん中の線に4つの明点があり独特。成熟すると体が黒くなり、黒い赤トンボと呼ばれる。

オスとメスでは同じ種類でも見かけがずいぶん違います。
オスとメスは尻尾の先の違いで見分けられますが、それよりも胸から胴へ移る部分の下方に
副性器の有る無しが見分け易いです。オスは有り、メスは無しです。

また、色はいつでも同じ訳ではなく、秋へ向けて成熟とともに濃くなってゆきます。未成熟期では色が薄いのです。

良く見られる場所も種類により異なります。
高原ではアキアカネ、ため池ではヒメアカネ・マイコアカネ、用水路ではミヤマアカネ、
田んぼではノシメトンボ・コノシメトンボ・ナツアカネ・マユタテアカネ等が良く見られるようです。

麦草平で観察したところ、アキアカネ14匹、ナツアカネ1匹、ノシメトンボ1匹でした。
もっと下の方の横谷峡入口にはノシメトンボが2匹いました。

詳しくは次をみてください。
1)http://homepage2.nifty.com/satoyama/Miwakekata/akatombo.htm
2)それから八ヶ岳情報誌「だたらハつ」NO.19に赤トンボの見分け方が有ります。
http://www.d7.dion.ne.jp/~studiouz/gengoro/index1.html
3)赤トンボの見分け方で分かりやすくしっかりまとめたサイトを見つけました。
赤トンボだけでなく、トンボの他の種類も出ています。
http://www.kobe-c.ed.jp/shizen/tombo/sympetrm/identify.html
4)次のサイトはメスとオスの写真が掲載されています。他のトンボの写真も沢山あります。
http://tombon.com/kinkiaka.htm
http://tombon.com/kinkiaka2.htm
5)トンボの種類図鑑 トンボの種類全体の写真図鑑です。
http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/html/kyo/seibutsu/doubutsu/01tonbo/index.html

赤トンボはアカネ属ですが、アカネ属には上にあげた他にタイリクアカネ、タイリクアキアカネ、
オナガアカネという種類もあるそうです。キトンボもアカネ属ですが、ショウジョウトンボは
ショウジョウトンボ属です。タイリクアカネは脚の外側に黄色い線があります。

赤トンボは掴まえて良く見たら放してあげましょう。
昆虫採集は実物でなく、写真でまとめるのが良いですね。
赤トンボと友達になってください。先ずは羽根の色と模様から見分けてください。


「だたら八つ」は北杜市高根町の「げんごろう工房」で企画されています。
バックナンバーの目次も上のHPに記載されています。八ヶ岳周辺の面白い情報満載です。
福島原発の気流による八ヶ岳周辺情報もあります。売っているところが少ないのが難ですね。
富士見のアグリモールの書店や小淵沢道の駅の野菜売り場にありました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック